リニューアルした10-YBローションを使ってみました!

2013年6月に10-YBローションのさっぱり、しっとりともに進化してリニューアルしました。

 

 

今までの10-YBローションでも大満足だったので、リニューアルしなくても、と一瞬思っちゃいましたが、使ってみたらこちらがかなり良くってリニューアル後の進化版のほうが断然スゴイ!と思えるような使い心地でした。

 

リニューアルのきっかけは旧10YBに入っていたEGFという成分が今後化粧品に使えなくなる可能性があるとのことでビーグレンさんはいち早くそれに対応したそうです。

 

そういういきさつがあるので、あのEGFがリニューアルしたものには入っていないんです。ちょっとがっかりと思う方もいるかもしれません(私も最初聞いた時はそうでした。)

 

でも、そこはビーグレン。新たに配合された成分がこれまた、たるみ世代にはうれしいペプチドが2種類も追加され、今まで以上によい働きをしてくれます。

 

さっぱりタイプには
・アルブチン
・EDP3(オリゴペプチド-24)
・IGF-2(ヒトポリペプチド-31)

 

しっとりタイプには
・EDP3(オリゴペプチド-24)
・IGF-2(ヒトポリペプチド-31)
が新成分として配合されました。

 

EGFに代わって配合されたのがIGF-2(ヒトポリペプチド-31)EDP3(オリゴペプチド-24)というバイオ成分です。
EDP3はEGFの分泌と細胞増殖を促し、IGF-2を加えることでEGFとFGFの活性を促しさらなるアンチエイジング効果が期待できるようになっています。

 

ちなみにお肌の真皮に働きかけ線維芽細胞を活性化させるといわれるFGFは今までどおり配合されています。

リニューアルした10-YBローションを使ってみました!

進化した10YBローションは基本は今までの使い心地を引きつぎながらも、しっとり感が増し、使ったあとに感じるハリ感とお肌のなめらかさがグ〜ンとUPしたように感じます。

 

さっぱりタイプを使った後に一皮向けたように感じるツルツル感、化粧水だけでここまでお肌が変わるというのは他の化粧水ではあまり感じられないものです。

 

さらにしっとりタイプを重ねることで、化粧下地をつけた後のようにきちんと整えられたようなお肌になります。
初めてリニューアルしたローションを夜使って起きた朝は、そのプリプリッ感に驚きました。
さらに3日目、4日目と使い続けるほどにお肌がプリプリに!

 

しっとりタイプをつけた後のお肌のしっとり感が今まで以上にUPしたので、この2本だけのお手入れでもまったくもの足りなさがありません。

 

しっかりうるおって、水分を蓄えたようなお肌に。クリームや乳液でフタをした時のような濃厚なしっとり感とは違った、みずみずしいうるおい感です。

リニューアルした10-YBローションを使ってみました!関連ページ

10-YBローションさっぱりタイプの使用感と口コミ
ビーグレンの10-YBローションさっぱりを使用した感想や効果を口コミしています。
10-YBローションしっとりタイプの使用感と口コミ
ビーグレンの10-YBローションしっとりタイプを使用した感想や効果を口コミしています。