目の下のくまの原因と対策

一気に疲れた印象、老けた印象を与えてしまう目の下のくま。
なぜ目の下だけにクマができるのかと言うと目元の皮膚は毛細血管が透けて見えてしまうほどとても薄いからです。

 

目のクマは主に青くま、茶くま、黒くまの3種類があります。
それぞれに原因や対処法が違いますから、チェックしてみましょう。

 

青クマ
青くまの場合、血行不良が主な原因となります。
原因としては睡眠不足や眼精疲労、ストレス、などがあります。
青くまに関しては血行を促進してあげるケアが効果的です。
やさしく目の周りをマッサージしたり、新陳代謝をアップさせるために湯船につかるなどが効果的です。
半身浴も良いでしょうし、温かいドリンクを飲むようにして体を冷やさないように心がけます。
またバランスのとれた食生活も基本です。

 

茶クマ
茶くまの場合、原因はメラニン色素が沈着してシミ、くすみとなっているいるというケースが多いです。
アイメイクが濃い場合、もしくはこすったりする摩擦によって茶くまが発生します。
そのため、肌の新陳代謝を促してターンオーバーを促進することで茶くまを改善することが出来ます。
茶くまは即効改善出来るものでもありませんから、茶クマに効果的な美白化粧品やアイクリームを使用し、コツコツとケアを心がけましょう。

 

黒クマ
黒ずんだくまの原因は肌のたるみやへこみによって影となって現れるものです。青クマと茶クマが複合して黒ずんで見える場合もあります。
この場合も血行を促し、肌のハリを取り戻すことが重要です。保湿もしっかりと心がけましょう。

 

目の下のくまの場合、比較的即効で改善しやすいのは青くまです。
血行促進のためのマッサージやクリームでケアすることが出来ます。
また蒸しタオルを作って、目の上に乗せるだけでも充分違いますから、一度試してみると良いでしょう。

 

茶くまや黒くまの場合は、ケアするのに時間がかかりますから、じっくりケアを行いましょう。

目のくまにおすすめのアイクリーム

クマと言っても原因も対策も違っていることがわかりました。
では一体どんなアイクリームを使えばいいのか?迷いますよね。

 

目元はクマ対策だけではなく乾燥を予防したり、ハリを与えたり、などのケアも大切です。
乾燥用、クマ用、たるみ用などでアイクリームを使い分けるのは現実的ではありませんから、1本でトータルな目元悩みに対応するアイクリームを使うのが正解です。
ビーグレンのアイクリームはハリや弾力をとりもどす美容成分を浸透させて、目元のうっ血やたるみに働きかけ、目元悩みにトータルに働きかけるアイクリームですから、クマ、乾燥、まぶたのたるみ、ハリのなさなど様々な悩みに1本で対応してくれます。

 

↓トータルリペアアイセラムの詳細はこちら↓

目元ケア(本製品)

目のクマの原因とおすすめアイクリーム ビーグレンのクマ対策関連ページ

まぶたのたるみの原因と対策 ビーグレンの専用アイクリームでケア
ビーグレンのアイクリームはまぶたのたるみなど目元独特の悩みに対応します。