ビーグレンのニキビ跡・クレーターケア

ニキビが治っても炎症や赤みがいつまでも残ってしまうニキビ跡、炎症がさらに肌の細胞まで傷つけてしまうとクレータのような凸凹になってしまう場合があります。
肌は炎症が起こるとそれを鎮めるために活性酸素が大量に発生してしまいます。
活性酸素が発生すると、肌を守るためにメラニンが大量に発生し、それが色素沈着として残るとニキビ跡になってしまいます。

 

メラニンがうまく輩出されないと、シミとなることはよく知られていますが、ニキビ跡などの赤や茶色い色素沈着も実はメラニンが関係しているのです。

 

炎症が残って赤味や茶色い色素沈着として残ってしまっている場合は、時間がかかりますがターンオーバーを繰り返すことで少しずつ薄くしていくケアを続けていきましょう。

 

メラニンはターンオーバーを繰り返すことで徐々に排出されていきますから根気よく美白ケアを続けていくのがおすすめです。
ニキビ跡は色素沈着という意味ではニキビケアというより美白ケア、メラニンケアをしていくとよいのです。

 

ビーグレンのニキビ跡ケア

 

まずは、ターンオーバーのサイクルを整えることが大切ですからターンオーバーを整える化粧水とソフトなピーリング効果でお肌の凸凹や色素沈着にも働きかけるビタミンCの美容液で毎日のケアを行います。

 

その上で色素沈着を起こしている箇所には美白クリームを使うのもおすすめです。

 

また同時に大切なことは新たなニキビを作らないことです。そのためには過剰な皮脂を出さないように保湿を心掛けましょう。
ビタミンCは過剰な皮脂を抑制する効果もありますので、その点でもCセラムはおすすめです。

 

またニキビ跡と同時に悩んでいる人も多いクレーターについても考えてみましょう。

 

組織の細胞まで傷ついてしまったクレーターの場合、一般的にはスキンケアだけで改善していくのは難しいといわれます。しかし私は昔はひどいニキビ跡があり、クレーターもポツポツとありましたが、年齢を経るごとにクレーターは徐々に目立たなくなっていきました。ターンオーバーを繰り替えしてある程度まで改善することもあるのではないかと思います

 

ただクレーターでも深く傷ついたようになっている場合はレーザーなどによる治療も考えてみるといいのではないかと思います。
今は通常の一般皮膚科などでもレーザー治療を行っているところもあるようです。

 

いずれにしてもターンオーバーを整えるスキンケアというのは美肌のためには欠かせないものですから根気よく続けていってもらいたいと思います。私もひどいニキビ跡、クレーターの経験者ですが、時間はかかりましたが少しずつで改善してきましたよ。

 

ターンオーバーを整えるビーグレンのニキビ跡ケアプログラムはおすすめです。まずはトライアルから試せます。

 

>>ビーグレンのニキビ跡ケアプログラム