色素沈着の原因とお手入れ法

虫刺されのあとの赤味や、ニキビ跡の色素沈着、メガネをかけている部分がどす黒く色素が沈着してしまったりなど、様々な原因で色素沈着は起こります。
色素沈着は一体どのようにお手入れしたらいいのでしょうか?

 

色素沈着の原因

シミの原因にメラニンが関わっているということはご存知の方も多いと思いますが、色素沈着の原因もメラニンがかかわっています。

 

メラニンは紫外線だけでなく刺激などから肌を防御するためにもつくられます。
その際に過剰につくられたメラニンが肌に残ってしまった状態が色素沈着なのです。

 

力を入れたマッサージやゴシゴシと洗う洗顔、パッティングなど、普段の間違ったケアでも毎日同じ部分に繰り返していると色素沈着の原因となります。

 

ターンオーバーがうまく働いている肌であれば、もし色素沈着してしまってもしだいに薄くなっていくのですが、ターンオーバーが正常にはたらいていないと、いつまでたっても赤味などの色素が残ってしまいます。

 

色素沈着のお手入れ方法

では一体どのようにお手入れしたらいいのかというと、色素沈着も基本的にはシミのケアや対策と同じ考え方となります。

 

・肌の内側に残ってしまったメラニンを排出しやすくさせるケア
・滞ってしまった肌のターンオーバーを促進させるケア

 

この2つを考えてあげることです。

 

色素沈着がいつまでも残ると言う場合はターンオーバーが遅れているため、メラニンを貯め込み、不要な角質が溜まってしまっている可能性があります。
そのような場合はソフトピーリングなどでやさしく不要な角質のみ除去してあげることも有効です。

 

シミのように残る色素沈着はメラニンを排出させる美白化粧品を使うことも有効となります。

 

ビーグレンの色素沈着ケア ハイドロキノンクリーム、ピュアビタミンC

色素沈着にはビーグレンのホワイトプログラムがおすすめです。いまあるシミに最も有効と言われる美白最強成分「ハイドロキノン」を刺激になることなく肌までじっくりと浸透させ、色素沈着にはたらきかけます。

 

 

クレイ洗顔で汚れや古い角質をやさしく洗い流し、美白作用のあるローションでたっぷりうるおい補給します。Cセラムはソフトなピーリング作用のため無理に皮膚を剥奪したりせず穏やかにターンオーバーを促進させます。さらにハイドロキノン配合のクリームが今あるシミや色素沈着にはたらきかけます。

 

>>色素沈着におすすめのトライアルスキンケアセット