脂肪溶解成分配合!ビーグレンフェイスマッサージクリーム

ビーグレンのマッサージクリームは販売終了しました。
現在は顔の引き締め&引き上げに特化したマッサージ美容液QuSomerリフトが新発売となりました。Qusomeリフトの詳細や使って見た感想はこちらで書いています。>>顔リフト専用マッサージ美容液

 

ビーグレンのフェイスマッサージクリームには脂肪溶解成分であるフォスファチジルコリン
(高純度レシチン)
が配合されています。

 

 

フォスファチジルコリンは天然素材のレシチンから抽出される成分で、脂肪燃焼作用に優れ脂肪細胞に直接働きかけます。もともと人にある神経組織の構成成分ですから安心して使えます。

 

ビーグレンのフェイスマッサージクリームもレシチンから抽出されています。

 

 

余分な脂を包み込み流してくれる効果からダイエットサプリメントとして使用されたり、高脂血症や脂肪肝の治療にも使われます。
フォスファチジルコリンによって溶かされた脂肪は血液に入り、その後尿などにより自然と排泄されます。

 

ダイエットではなかなか自分が痩せたい部分、脂肪を落としたい部分だけ落とすということが難しいですが、フォスファチジルコリンはやせたい部分にピンポイントで働きかけることができます。

 

ビーグレンのフェイスマッサージクリームはこのフォスファチジルコリンの作用と脂肪溶解技術であるメソセラピーを応用してつくられたクリームです。

 

メソセラピーとは医療・美容分野における技術で、脂肪を溶解する成分を皮膚に直接注射する方法です。

 

もちろんフェイスマッサージクリームなので注射する必要はなくだた顔の気になる部分にマッサージするだけです。

 

 

フォスファチジルコリンは脂肪を溶解させたい部分に直接働くので脂肪が気になるフェイスラインやたるみの部分を中心に塗るといいそうです。

 

メソセラピーを応用したフォスファチジルコリン配合のクリームはなかなかありませんし、あっても数万円くらいする高価なものが多いです。

 

その意味でもビーグレンのフェイスマッサージクリームは脂肪溶解成分を手軽にマッサージに取り入れられるのでおすすめです。

 

実は私も最初はマッサージクリームとしてはちょっと高いな〜というのが印象でした。でも使い続けているとフェイスラインにたまりがちな脂肪がなんだかいつになくスッキリ。そしてやめると徐々に戻ってきてしまうということがあり、このマッサージクリームの威力を知り、使い続けるようにしています。

 

通常のマッサージクリームより高い理由としてはやはり高価な成分であるフォスファチジルコリン(高純度のレシチン)を使用していることだと思います。

 

ただ通常のマッサージクリームが滑りをよくして、ハリを与えるという機能のものがほとんどなのに対して、ビーグレンのマッサージクリームは脂肪を溶解するという効果が期待できるので、多少のお値段の高さは仕方ないのかなと思っています。

 

脂肪溶解成分の他にもフェイスラインをスッキリと引き締めるカフェインも配合されています。

 

スッキリとしたフェイスラインを目指したい方や頬のたるみや脂肪が気になる方におすすめです。

 

フェイスマッサージクリームは販売終了しました。たるみにお悩みの方、マッサージクリームをお探しの方は新商品のマッサージ美容液「QuSomeリスト」がおすすめです!
これまでのマッサージクリームより、なめらかで滑りがよく朝のむくみ、たるみにまで対応したマッサージ美容液です!

 

>>マッサージ美容液 QuSomeリフト 特設ページ