3-O-エチルアスコルビン酸配合のビーグレンホワイトローション

ホワイトローションの最大の特徴は速効性の高いビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)を配合していることです。美白によいとされるビタミンCですが、一口にビタミンC誘導体と言っても様々な種類があります。

 

中でもホワイトローションに使用される3-O-エチルアスコルビン酸は通常のビタミンC誘導体に比べて浸透力・安定性・持続性において格段にすぐれていると言われるものです。

 

3-O-エチルアスコルビン酸とは?
通常のアスコルビン酸(ビタミンC)は皮膚から吸収されにくく、安定性にも欠けるのですが、3-O-エチルアスコルビン酸は安定性も高く、皮膚吸収率も高いため従来のビタミンC誘導体に比べて速効性も高い注目のビタミンC(ビタミンC誘導体)なのです。
VCエチル、ビタミンCエチルとも呼ばれます。

 

ちなみにビタミンCとビタミンC誘導体の違いは
ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、そのままでは安定性が低く、酸化しやすく肌へ吸収されにくいという欠点がありました。だから安定性と浸透性を高めるには高い技術が必要となります。※
ビタミンC誘導体はこのようなビタミンCの性質を改善するために、改良されたものです。
ビタミンC誘導体はビタミンCそのものではなくビタミンCの前駆体であり、生体内で酵素に反応することでビタミンCとなります。

 

さらにビタミンC誘導体にもいくつかの種類があり「水溶性」「脂溶性」「新型」の3つに大きく分けられます。

 

水溶性ビタミンC誘導体

水に溶けやすいため即効性が高いと言われます。持続性はそこまで高くありません。
リン酸アスコルビルNa
リン酸アスコルビルMg
アスコルビン酸グルコシド   
3-O-エチルアスコルビン酸

 

脂溶性ビタミンC誘導体

速効性はないが持続性があり脂溶性のためお肌になじみやすい特性があります
イソパルミチン酸アスコルビル(VCIP)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

 

新型ビタミンC誘導体

水溶性と脂溶性の両方の資質を合わせもちます
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na

 

この中でビーグレンホワイトローションが配合しているのが3-O-エチルアスコルビン酸です。
こちらは水溶性の誘導体ですが、水溶性の即効性をもちながらも、安定性・持続性も高いことで知られています。先ほどビタミンC誘導体は酵素と反応してビタミンCになると書いたのですが、この3-O-エチルアスコルビン酸は酵素反応を必要としないので、肌に塗った瞬間に作用するため効率が良いことから「即効性ビタミンC誘導体」や「直接型ビタミンC誘導体」と言われます。

 

3-O-エチルアスコルビン酸の特徴
・チロシナーゼ活性阻害
・メラニン単量体の重合を抑制

 

ビーグレンホワイトローションはこんな人におすすめです。
紫外線でダメージを受けた肌
明るい肌・透明感が欲しい人に
美白をしたいけど乾燥が心配な方に

 

>>ビーグレンホワイトローションを実際に使ってみた口コミはこちら

 

※ビーグレンのビタミンC美容液はピュアなビタミンC(アスコルビン酸)を使用していますが、ビーグレンの技術により浸透テクノロジーQuSomeを使用しているので角層の奥まで届きます。