ホワイトニングとブライトニングの違いとは?

ホワイトニングと言えば美白でおなじみですが、CMなどでも最近よく聞く言葉にブライトニングという言葉があります。

 

ホワイトニングとブライトニング一体どんな違いがあるのでしょうか?
明確な定義があるわけではないようですが、化粧品ではホワイトニングというのはシミやそばかすなどに働きかける美白成分が配合されている化粧品に使われます。

 

それに対してブライトニングは肌全体のくすみを解消し、肌に透明感や明るさを出すという意味合いで使われることが多いようです。

 

ですからシミやそばかす肝斑などの悩みがありそれを解消したいという方はブライトニング化粧品ではなく、ホワイトニング化粧品を選択する必要があります。

 

ホワイトニング化粧品の有効美白成分としてはハイドロキノンが有名です。
今あるシミの悩みにはハイドロキノン配合のものがおすすめです。

 

とはいってもシミだけが解決しても顔全体がくすんでいては魅力的ではありませんよね。
やはり肌全体の明るさや透明感もとても大切です。

 

ということでホワイトニングもブライトニングもできる化粧品がベストなのではないでしょうか?

 

ビーグレンの美白ラインはホワイトニングもブライトニングも同時に叶えるホワイトニングケアとなっています。

 

今あるシミに対してはハイドロキノン配合の美白クリームが即効的に働きかけます。

 

また美白化粧水、美容液はシミを予防するとともにくすみをとりのぞき、お肌本来の輝きと明るさを取り戻していくように働きかけます。

 

年齢とともに、たるみやシミのケアも大切ですが、意外と見落としがちなのがくすみのケアです。

 

肌がワントーン、ツートーンアップしただけで何歳も若々しく見せることができます。

 

たるみやシミのケアは効果が表れるまで比較的時間がかかりますが、ブライトニングケアが比較的効果でるまでにそれほど時間を要さないことも多いので即効的にアンチエイジング効果を得たいという方はブライトニングケアを取り入れてみるのもおすすめです。

ホワイトニングとブラインとニングの違いとは?関連ページ

ハイドロキノンの効果と副作用 ビーグレンの美白クリームは大丈夫?
ハイドロキノンの効果と副作用 ビーグレンの美白クリームは大丈夫?