ハイドロキノンの効果と副作用、使用上の注意点は?

ハイドロキノンはお肌の漂白剤といわれるほど医療の現場でもシミや肝斑の治療として使われる美白成分です。

 

チロシナーゼ酵素の活性阻害作用がありメラニンを作らせないとともに、色素が沈着したシミ、そばかすもケアすることができ、メラニンによって悪化したシミに対して還元作用があります。
2ヶ月から3ヶ月が効果の現われてくる目安とされます。

 

・今あるシミを薄くする
・シミを予防する

 

という2つの作用があるのがハイドロキノンの特徴です。

 

ハイドロキノンの副作用としてはそれほど重篤なものは報告されていないとされていますが、5%以上の高濃度なものだと刺激性や赤味などが報告されています。

 

また高濃度の物を長期使用することで白斑の可能性があるとも言われていますが、一般の化粧品に配合されている1%〜2%ではいまのところそのような報告もないようです。

 

紫外線を浴びるとシミが濃くなる恐れがあるので、ハイドロキノン配合の化粧品を使う場合はしっかり紫外線対策をするか夜のみのしようとします。

 

副作用としては化粧品として売られているものはそこまで気にするほどの事例は報告されていませんが、肌質によっては赤くなったりかゆみが出る場合もありますので、濃度は確認してから購入するようにしてください。

 

効果が高そうだからといきなり高濃度のものを使うのはやめておいたほうがよさそうです。

ビーグレンの美白クリーム

ビーグレンのホワイトクリームのハイドロキノンの濃度は1.9%です。
ですから刺激なども少なく使える濃度となっています。
また夜用なので紫外線を心配する必要もありません。朝はハイドロキノン無配合の美容液を使用してください。

 

ビーグレンのホワイトクリームは濃度は安全性を考慮しそこまで高くしていません。
しかし少ない濃度でも確実にお肌に届けるQuSomeという技術を使うことで少ない濃度でも実感を得やすくなっています。

 

ハイドロキノンは他の化粧品との組み合わせにより刺激となる場合もありますからハイドロキノン配合のクリームを使う時は、同じメーカーのラインで揃えるのがおすすめです。

 

ビーグレンは美白のラインとしては化粧水、美容液があり相乗効果でより明るい肌色を目指します。
ハイドロキノンは一般的にとても高価な成分と言われています。
もともと医療の現場でも使われるほどの成分なので原価が高いのですが、一般の化粧品にいれるとそれなにりのお値段となりかなり高額な化粧品となるのです。

 

たくさんいれればそれだけお値段も効果になる。少なければそれほどの効果が期待できない。
そんな価格面でも問題もあったのですが、ビーグレンのハイドロキノンクリームは6000円(税抜き)とお手頃価格です。

 

それはハイドロキノンの配合量はそこまで多くしなくてもお肌に届かせる技術をつかうことで
少なくても効果を高めることが可能となったからです。

ハイドロキノンの効果と副作用 ビーグレンの美白クリームは大丈夫?関連ページ

ホワイトニングとブラインとニングの違いとは?
ホワイトニングとブラインとニングの違いとは?